文字サイズ

斜視・複視

斜視

斜視とは

斜視とは、物を見ようとする時に、片眼は目標物を見ていても、もう片方の眼が違う方向を向いてしまい目標物に対して視線がずれる状態をいいます。 視線がずれると物が二つに見えたり、乳幼児では両眼で物を見ることができないため、遠近感覚や片眼の視力の発達が妨げられたりします。

斜視の種類と原因

まっすぐ見ているはずなのに、片方の視線だけが内側へ寄るものを内斜視、外側へ寄るものを外斜視と呼びます。一見斜視のように見える偽内斜視(ぎないしゃし)は、鼻根部の低い乳幼児に多く見られますが、成長とともに治ります。
また、斜視には常に斜視が存在する恒常性斜視(こうじょうせいしゃし)と、時々斜視の状態になる間欠性斜視(かんけつせいしゃし)とがあります。斜視になると、ずれている方の眼の視力が発達せずに弱視になる事があります。逆に片方だけ極端に視力が悪いと、その眼が使われないために斜視になる事もありますので、専門医に診てもらう事が必要です。

斜視には「先天的」なものと「後天的」なものがありますが、先天的な原因は眼を動かす脳の神経系や筋肉の異常によるもの、高度の遠視によるものがほとんどです。 後天的な斜視には、眼運動神経の麻痺や、甲状腺眼症、重症筋無力症、脳や糖尿病など全身の病気に伴うもの、外傷によるものなどがあります。斜視の原因を調べるため、全身検査を行ったりMRIなどの検査を行ったりする事もあります。

眼が動く仕組み

眼は神経と筋肉の働きでコントロールされ、両眼が揃って上下左右に動くように作られています。 一つの眼には、3つの神経(動眼神経・滑車神経・外転神経)で動かされる6つの筋肉(外直筋・内直筋・上直筋・下直筋・上斜筋・下斜筋)が付いていて、それぞれ2つの筋肉がペアとなって左右・上下・回旋する動きなど、拮抗しあってバランスを取り眼を動かしています。それは馬の頭を二本の手綱で引いたりゆるめたりして動かしているのと同じ理屈です。また同時に二つの眼が同じ方向に同じ角度だけ動くように神経から命令が行き、正確に眼を動かしています。

  • 【図1】馬の頭は右の手綱が引っぱられ、左の手綱がゆるめられることによって右向きに回転します。
  • 【図2】両眼を上から見た図:右眼の外側の筋肉(外直筋)が引っぱられ、内側の筋肉(内直筋)がゆるむと右へ回ります。左眼も同じようにして神経の命令で右へ回ります。
  • 【図3】右眼を正面から見た外眼筋
  • 【図4】右眼を外側から見た外眼筋

斜視の治療法

斜視の種類や年齢に応じて治療法が異なります。遠視が原因の内斜視では、まず眼鏡による屈折矯正を行います。これだけで眼位が治る事もあります。それ以外の斜視では手術が必要になる事もあります。弱視を伴っている場合は、手術に先立って弱視の治療を行います。斜視の原因を正しく把握するためにも、専門医を受診し、詳しく検査をしてもらいましょう。

斜視とプリズム眼鏡

プリズム

光はAの角度だけ屈折し曲がる

プリズムは、三角形のくさび型で、プリズムを通った光線は、くさび型の角度に応じて厚い方向へ屈折します。斜視によって、両眼の視線が正しく目標に向かわず、物が二重に見える(複視)、何となく焦点が合いにくいなどの症状を、プリズム眼鏡で視線を屈折させて軽くすることができます。 プリズム眼鏡の種類には、膜プリズムと組み込みプリズムの2種類があります。膜プリズムは、片面に細かいギザギザの筋がついた薄いフイルムで、眼鏡の裏面に貼り付けて使います。軽くて、取り外しが簡単にできることが利点です。欠点は筋で少しぼやけてみえること、汚れがつきやすいことです。

膜プリズムを貼った眼鏡

横方向に細かい筋がわかる

組み込みプリズムは、通常の眼鏡レンズに直接プリズムが組み込まれたものです。利点は筋でぼやけないこと、欠点はレンズが重たいこと、取り外しができないこと、大きな角度の複視に対応できないことです。 処方の際は、その方の目の状態に合わせて、レンズの種類を選び、使用するプリズムの度数や角度を決めます。 プリズム眼鏡は斜視自体を直すことはできませんが、二重に見えて車の運転が出来ない、文字がダブって本が読みにくいなどの症状を和らげることが出来ます。

斜視手術

遠視が原因の斜視は眼鏡で治療をしますが、その他のずれが大きい斜視の場合は手術が必要になります。

手術は大きく分けて、眼球を動かしている筋肉の働きを弱める手術(後転術)と強める手術(短縮術)、作用方向を変える手術(移動術)があります。筋肉の位置をつけかえたり、短くしたりして、両眼が一点を向くようにします。

【後転術】
外眼筋を眼球の付着部から切り離し、筋肉の走行に沿って後ろへ移動させ、再び眼球に縫い付ける方法。
【短縮術】
外眼筋を眼球の付着部から切り離し、切断した端から一定量を切除して筋肉の長さを短くして元の付着部に縫い付ける方法。
【移動術】
高度な麻痺性斜視や過動症、眼球の脱臼などの場合、健常筋の位置を変えることで、筋力の作用方向を変え眼位の改善を得る方法。
  

当院では、ここ5年間に毎年90~100例の手術実績があります。従来難しいと言われていた上斜筋麻痺や甲状腺眼症など麻痺性斜視も積極的に手術をしており、上下斜視も治しています。

手術は術前に眼位のずれを何度も繰り返し測り、手術量を決めて行いますが、いくら正確に手術を行っても原因から治しているわけではないので現代の医学レベルでも目標通り矯正出来ないこともあります。矯正量が不足したり過剰になったりすることもあるので再手術が必要になる事もあります。また、いったん目の位置がまっすぐになっても、少しずつもとの位置に戻っていくことがあり、この場合も再手術が行なわれます。

なお、最初から二段階で手術を行う場合もあります。また、斜視の種類によっては、見る方向によって複視が残ることもあります。

大人の斜視手術

昨今では、斜視手術を受ける方の約半分は大人の方です。斜視手術を受ける動機を伺うと、複視(物が二重に見える)や眼精疲労による頭痛・肩凝り、車の運転が難しくなる、など日常生活に差し障りが生じた場合です。また、外見が気になって…という方もあり、70歳過ぎた方でも手術を受けられることも珍しくありません。斜視という病気は、ご本人にしかわからない精神的な負担もある病気なのです。 斜視は子供に多い病気と思われていますが、近年 大人にも斜視が増えているといわれています。原因は詳細不明ですが、パソコンや携帯電話の普及により、目を酷使することが関係あるのではと言われています。斜視はほとんどの場合、手術でよくすることができます。おひとりで悩まずにぜひご相談下さい。

複視

複視とは

一つの物が二重にダブって見えることを複視といいます。必ず原因となる何らかの病気があります。それぞれの原因により治療法も異なってきます。

複視の種類と原因

複視には片目で見ても一つの像が二重に見える像のブレ(単眼性複視)と、片眼で見ると正常な見え方なのに両眼で見たら二重に見える像のズレ(両眼性複視)があります。

単眼性複視の原因で一番多いのが乱視です。乱視には角膜乱視と水晶体乱視がありますがほとんどの場合、角膜乱視です。角膜とは黒目の表面の透明な組織で、縦方向と横方向でほぼ同じ曲がり具合(カーブ)をしていますが、乱視の人ではカーブが縦横で異なります。そのため縦方向と横方向で屈折が異なり、カメラでいうフィルムに相当する網膜にはっきりした像が結べないためピントが合わないので物が二重に見えます。乱視以外の原因として、白内障や黄斑疾患などでも起こることがあります。

両眼性複視の原因は斜視ですが、斜視には眼球を動かす神経の麻痺や、筋肉(外眼筋)に炎症を起こす甲状腺眼症や、外眼筋と神経の間の伝達がうまくいかないため、筋肉の力が弱まって麻痺性斜視となる眼筋型重症筋無力症などがあります。 また、糖尿病で突発する複視は、動眼神経麻痺や外転神経麻痺によることがしばしばあります。外眼筋を動かす神経の障害では、脳幹梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍や眼窩腫瘍などが原因のこともあります。複視の原因が、外眼筋によるものか神経によるものか診察し、CTやMRIなどの画像検査によって、脳に異常がないか、外眼筋に炎症がないかなど部位診断から原因診断までを行います。

乱視が原因の単眼性複視では、乱視が軽い場合は眼鏡やソフトコンタクトレンズ、乱視が強い場合にはハードコンタクトレンズで矯正します。白内障や、黄斑疾患などが原因の場合はそれぞれの治療をします。 斜視が原因の場合、眼鏡やプリズムでの矯正や斜視手術。甲状腺眼症の外眼筋炎ではステロイドや放射線治療。重症筋無力症や糖尿病、脳内病変等が原因場合は各専門科と協力して治療を行います。