文字サイズ

網膜・硝子体手術

網膜・硝子体の構造

硝子体は水晶体の後方にある眼球の内腔を満たす卵の白身のような透明なゲル状の組織です。硝子体の後ろには網膜という神経と血管の膜があり、網膜の中心部を黄斑と呼びます。眼をカメラに例えると網膜はフィルムに相当します。
白身が殻の内側にくっついているように、硝子体は眼球の内側、つまり網膜の表面に癒着しています。硝子体は年齢とともに少しずつこわされて水だけの部分が増えてきます。

網膜・硝子体の疾患

網膜剥離

網膜と硝子体に異常に強い癒着が有る場合、硝子体が液状になって縮み、引っ張られることで網膜に裂け目ができ、その下に水(液状になった硝子体)が入り込むことにより網膜剥離が起きます。放置した場合は失明することがあります。病態によっては眼球の外側から手術を行う場合もあります。引っ張られている硝子体の牽引を緩めるため、眼球を外側からシリコンで補強してやり、加えて空気を入れることで剥がれた網膜を元に戻したり、レーザー光線による光凝固を行ったり、網膜の下に溜まった液状になった硝子体を抜いたりします。眼科の手術としては時間のかかる種類のものです。手術の進歩により網膜剥離の90%が1回の手術で治るようになりました。網膜剥離の手術は白内障手術のように視力を回復させるものではありません。したがって手術をしても視力は大幅に良くはなりませんが、早期に剥離をみつけて視力の良いうちに手術することが視力の維持にとって大切です。

糖尿病網膜症

糖尿病のコントロールが悪い状態が続くと、網膜の毛細血管が詰まって、出血や黄斑部に浮腫をおこし(糖尿病黄斑症)視力低下をきたします。進行すると糖尿病網膜症が単純性のものから前増殖性、増殖性網膜症へと進行します。増殖性糖尿病網膜症の場合、新生血管や増殖膜が網膜上に存在します。新生血管は脆弱なため出血しやすく硝子体出血を起こしたり、網膜表面に増殖膜を形成し増殖膜による牽引性の網膜剥離を起こすことがあります。虹彩に新生血管が生じると新生血管緑内障を併発します。これらは単独で生じる場合もありますが、しばしば組み合わさって生じます。

硝子体出血

硝子体に出血が及んだ状態で高度な視力障害をきたすことがあります。軽度の硝子体出血の場合、経過観察しながら血液が吸収されるのを待つこともありますが、出血量の多い場合は手術を行います。

黄斑円孔

網膜の中心部の黄斑部に穴が開く病気で、視野の中央が見えなくなる病気です。早期の手術により視力回復が期待できます。

黄斑前膜

黄斑部を含む網膜に膜が張る病気で、進行は多くの場合非常にゆっくりです。進行すると膜が収縮することにより視力低下や物が歪んで見えます。経過を診ながら手術時期を決めます。

増殖性硝子体網膜症

網膜剥離や糖尿病網膜症の放置、不適切な網膜剥離の手術によって起こります。

その他

網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎、眼内炎など様々な原因で硝子体出血、硝子体混濁、黄斑浮腫、網膜剥離は起きます。このような場合も硝子体手術を行い、併せて必要な処置を行います。

硝子体手術とは

硝子体手術は眼球の白目の部分に3か所の小さな孔(切開)を開け、そこから器具(硝子体を切る為のカッター、眼内を照らす為のライトガイド、眼球の形態を保つ為の灌流液を注入する器具)を眼内に挿入し、眼の中の出血や病気によって生じた混濁した硝子体や網膜への牽引などの除去を除去します。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具でめくり取ったり、増殖膜をハサミのような器具で切り取りながら除去したり、網膜にレーザー光線による光凝固を行ったりと必要に応じた処置を行います。網膜の機能を回復させる手術を硝子体手術といいます。

取り除いた硝子体のかわりに、硝子体切除した分量だけ眼内に 水・空気・ガス・シリコンオイルのいずれかを置換します。網膜剥離や黄斑円孔などの場合はガスに入れ換えて手術を終えます。ガスを注入した場合は術後数日間、うつむき姿勢をとって頂きます。これはガスの比重の軽さを利用し、網膜を元の位置に戻し、くっつける手助けをするためです。

なお、注入された水・空気・ガスは、次第に眼内で作られる液体に置き換わり、空気は約10日、ガスの場合は20~40日程度で眼内に吸収されます。シリコンオイルは自然吸収されない為、3~6ヵ月程度経過したら除去をする為の手術が必要となります。病状によっては硝子体手術と同時に白内障手術を行う場合もあります。白内障のない方でも硝子体手術を行うと水晶体に白内障が生じやすくなるためです。手術時間は疾患により、軽症なら1時間弱、重症の場合は2時間以上かかります。 麻酔は局所麻酔で行いますが、病状や年齢などにより全身麻酔で手術を行う事もあります。入院期間も疾患により異なり、数日から2週間以上かかる場合があります。 昭和50年(1975年)には年間わずか6症例しか行われていなかった硝子体手術ですが、現在では網膜硝子体手術を専門とする横山光伸医師により年間400例以上の網膜硝子体手術を行っています。