文字サイズ

白内障手術って?

眼の中でカメラのレンズの働きをしている部分を水晶体といいます。
白内障はこの水晶体が灰白色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる病気です。
白内障手術とは、この濁った水晶体を取り除き、その代わりの役目をする眼内レンズ(人工水晶体)を入れる手術のことを言います。

当院の白内障手術

眼に入れる眼内レンズの度数を決めるための検査(眼軸長)、角膜内皮細胞検査、角膜形状解析検査など様々な眼科検査を行います。また、併設の内科で全身の状態をチェックします。 当院では年間約2,000件の白内障手術を施工しています。

白内障手術についてのQ&A

Q1.麻酔の方法は? open
ほとんどの場合は点眼麻酔(目薬による麻酔)です。
Q2.手術時間は? open
ほとんどの場合、10~20分で終了します。
Q3.日帰りでも手術は受けられますか? open
手術は入院の場合と日帰り手術(通院)があります。日帰り手術の場合、眼科的・内科的に問題がないことなどいくつかの条件があります。ご希望の方はご相談ください。
Q4.手術後の日常生活は? open
ほぼ1週間で普通の生活に戻ることができます。術後2~3日でシャワーや入浴ができます。テレビや読書など目の疲れることはなるべく避けてください。その他、術後の生活については、一覧表をお渡ししております。