文字サイズ

iFSフェムトセカンドレーザーを使用した最先端のLASIK

現在おこなっているカスタムLASIKと、iFSフェムトセカンドレーザーを用いたフラップ作成技術を組み合わせた最先端の視力矯正手術がiLASIKです。 一人ひとりの角膜に合わせたカスタムメイドな治療プログラムにより、患者様にとって最適な視力と上質な見え方を提供します。

【特徴 1】 カスタムメイドな視力回復

『視力』が同じでも『見え方』には違いがあることをご存知ですか? 下の2枚の写真は、視力1.2という2人のぞれぞれの『見え方』をイメージしたものです。 同じ視力でも実際の見え方には差があります。

【特徴 2】 夜間視力の改善

これまでのLASIKでは、視力が回復しても、夜間にまぶしく感じることがありました。光が散乱してぎらついて見えたり、ぼんやりとにじんで見えたりすることもあり、夜間の運転がしづらくなることもありました。iLASIKではこの問題を改善し、夜間のクリアな見え方を実現します。

正常な夜間の見え方

光の周囲がぎらついて見える
グレア現象

光がにじんで見える
ハロー現象

【特徴 3】精密で強度の高いフラップ

iLASIKは、従来のLASIKで使用されている刃(マイクロケラトーム)を使用せず、iFSフェムトセカンドレーザーを使用し、均一な厚みのフラップを作製します。ずれにくく安全性が高いフラップ作製が可能となりました。

iLASIK手術手順

  • ①点眼で麻酔をおこないます。
  • ②~③ 専用の器具で眼球を固定します。
  • ④~⑤ フェムトセカンドレーザーでフラップを作製します。
  • ⑥ フラップを開きます。
  • ⑦ エキシマレーザーを角膜に照射します。
  • ⑧ 照射後、フラップを元に戻します。フラップは自然に接着します。