文字サイズ

フェムトセカンドレーザー

フェムトセカンドレーザーとは?

LASIKにおけるフラップ作製、または角膜移植における 角膜切除、切開をおこなうためのレーザー装置です。 設定したプログラムによって、より安全で、非常に 精密な治療をおこなうことができます。

iLASIK【安全で正確なフラップ作製】

  • コンピューター制御されたシステムにより、マイクロケラトームを使用したフラップ作製と比べて、術中の安全性がさらに向上します。
  • 均一な厚みのフラップを形成することができ、LASIK後の角膜がより安定しやすく、視力回復もより速やかです。
  • フラップ作製時に誘発される高次収差の発生が、マイクロケラトームよりも少なく、コントラスト感度が改善し、術後の視力回復もより質の高いものを目指します。
  • 現在おこなっているカスタムLASIKと、iFSフェムトセカンドレーザーを用いたフラップ作成技術を組み合わせた最先端の視力矯正手術がiLASIKです。

角膜移植手術【IEK】

iFSフェムトセカンドレーザーを用いることで、これまで以上にドナー角膜、および患者様の角膜を正確に切除することが可能となり、より安全で精度の高い乱視の少ない角膜移植手術が可能となりました。